市況分析(11月2日前場情報)

市況分析(11月2日前場情報)

日経平均株価は38円高の22458円で前場を終了。昨夜の米国市場はNTダウは上昇して続伸、ナスダック指数は小幅安で反落と高安まちまちの展開。
企業の好決算が相次ぎ、経済指標も良かった事から引き続き買い優勢の展開でNYダウは上昇。
ナスダック指数は朝方は高かったものの、アップルやアマゾンに利益確定売りが強まり小幅マイナス圏に。
高安まちまちながら相場の地合いは依然強含み、利食いを吸収しながら上昇基調が続きそうな米国市場です。
昨日は大幅高となった日経平均ですが、今日も昨日の余韻が続き買い先行で始まり寄り付き直後には前日比100円ほど高い22527円まで上げ幅を拡大。
しかしさすがに大幅高の翌日と言う事や明日から3連休と言う事も有って買い一巡後は利食いに押されて上げ幅を縮小。
一時はマイナス圏に沈む場面も有りましたが、マイナス圏に沈めばすかさず買いが入ると言う状況は今日も変わりません。
相場の地合いは依然強含み、適度な利食いを吸収しながら大きな流れとしては上昇基調が続いている日経平均です。
昨日は月初は上昇すると言うアノマリーも有って、買い仕掛け的な動きも有った感じですが、大幅高の翌日となる今日も底堅い値動きですので、相場の地合いはかなり強いと思います。
ましてや明日から3連休と言う事を考えても、今日は一旦目先の利益確定売りが強まり易く、その利食いを吸収しても小幅高を維持している事は先高期待の裏返しです。
簡潔に言えば3連休明け以降の日経平均はまだ上昇すると見ている投資家が多いと言う事です。
再度日経平均や好決算を発表した主力大型株にやや片寄った展開になっていますので中小型株や新興市場銘柄など、出遅れ株物色の動きも一旦休みと言う感じになっていますが、先を見据えれば特に気にする事は有りません。
先々徐々に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。