市況分析(11月2日後場情報)

市況分析(11月2日後場情報)

日経平均株価は119円高の22539円で終了。今日は買い先行で高く始まったもののその後売りに押されてマイナス圏まで下落。
その後プラス圏とマイナス圏を行き来する膠着した展開が続きましたが、後場は小幅高での推移が続き、14時過ぎから急速に上げ幅を広げて寄り付き直後の高値を更新。
終日売りに押されてやや弱含みの展開でしたが、終わってみれば119円高で年初来高値を更新。
やや違和感の有る大引け前の急上昇ですが、耐え切れなくなった売り方の買い戻しなのか?又は来週を睨んだ買いが入ったのか?
今日は日経平均は一段高になりましたが、東証1部の騰落数は値上がりが880に対して値下がりが1060と値下がり銘柄の方が多くなっています。
日経平均は上昇しましたが、中身を見ると下げる銘柄が目立ち、個別銘柄を中心に見ていると日経平均も下げているような感じでした。
引き続き日経平均主導の株価上昇で、大型主力銘柄などは総じて堅調な展開でしたが、中小型株やテーマ株、新興市場銘柄などは下げる銘柄が多く、3連休を控えてポジション解消売りが多かったように思います。
しかし今日下げた中小型株やテーマ株、新興市場銘柄などは、3連休前の一旦ポジション解消と言うのが本質ですので、週明けには買戻されると思います。
好決算を発表しても、材料出尽くしで売られると言う銘柄も目立ちましたが、やや売られ過ぎと言う感も有ります。
日経平均主導で上昇している間は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。