市況分析(11月20日後場情報)

市況分析(11月20日後場情報)

日経平均株価は135円安の22261円で終了。米国株の下落と円高進行を受けて日経平均は終日売りが優勢、調整色の強い展開になりました。
しかしテクニカル的に見れば22100円付近に位置している25日移動平均線は上回っており、今日の下げも調整安の範囲内の動き、さほど気にする事は無いと思います。
又今日は日経平均は下落したものの、値上がり銘柄数の方が多く、中小型株や新興市場銘柄も買われる銘柄が目に付く展開で相場の地合いはそれ程悪くは有りません。
これまでは日経平均主導、大型主力銘柄主導の株高が続きましたが、それもいよいよ終わり、日経平均や大型主力銘柄は利食いに押され下落、片やこれまで買われなかった中小型株や新興市場銘柄に物色の中心も移りつつ有るように思います。
簡潔に言えば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。