市況分析(11月22日前場情報)

市況分析(11月22日前場情報)

日経平均株価は173円高の22590円で前場を終了。昨夜の米国市場は、世界主要国の株価が上昇した事に加えて、10月中古住宅販売件数が市場予想を上回り、幅広い銘柄が買われて主要3指数が揃って過去最高値を更新。
米国株の上昇、円相場も112円台を維持しており、今日の日本市場も買いが先行する展開。
日経平均も一時22677円まで上昇、しかし昨日同様に高値圏では戻り売りに押されて上げ幅を縮小。
強含みながらも上値も重い、その様な展開ですが、見方を買えれば戻り売りを吸収しながら少しずつ上値を切り上げていると見る事も出来ます。
日経平均も強含みですがそれ以上に個別物色の動きはもっと強含みになりつつあります。
新興市場銘柄、テーマ株、中小型材料株などは今日も総じて強含みの展開で上昇する銘柄が目立ちます。
主力大型株から新興市場銘柄、テーマ株、中小型材料株に乗り換えると言う動きも順調に進んでいると言う状況です。
しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。