市況分析(11月24日後場情報)

市況分析(11月24日後場情報)

日経平均株価は27円高の22550円で終了。海外市場で円相場が111円付近まで円高が進み、今日は日経平均も売り先行で始まり寄り付き直後には22381円まで下落しました。
しかし日本市場ではジリジリと円安に振れ、日経平均も売り一巡後は下げ幅を縮め後場にはプラス圏に浮上、終わってみれば小幅高と底堅い展開。
日経平均は22000円台値固めの展開が続いていますが個別物色意欲は今日も旺盛。
主力大型株は調整局面を迎えていますので日経平均は上がり難くなります、しかし好業績を背景に売られる訳でもなく一旦利食いが出る、それを買い遅れた投資家が押し目を買うと言うのが今の主力大型株の状況です。
一方、主力大型株を利食いした資金は、新興市場銘柄やテーマ株、小型材料株へと乗り換え、それに個人投資家も加わって、出遅れていた銘柄の修正が起きていると言う状況です。
ざっくりとですが年内一杯は新興市場銘柄やテーマ株、小型材料株が物色の中心になるのではないかと思います。
日経平均が再度上昇基調を強めると資金は主力大型株に向かいますので新興市場銘柄やテーマ株、小型材料株にはマイナス。
今のように膠着した調整が続いてくれると新興市場銘柄やテーマ株、小型材料株にはプラス。
円相場、北朝鮮情勢、主力企業の決算発表も一巡したと言う状況を考えると日経平均は当面調整局面が続きそうな感じです。
つまり22000円台の値固めが続く、その様な展開になる可能性が高いと見ています。
そうなるとおのずと出遅れている新興市場銘柄やテーマ株、小型材料株が物色の中心になり、多くの銘柄が水準訂正高の展開が期待出来ると思います。
又、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。