市況分析(11月27日後場情報)

市況分析(11月27日後場情報)

日経平均株価は54円安の22495円で終了。米国株高と円高一服を受けて今日は買い先行で始まり寄り付き直後には22659円まで上昇した日経平均でしたが、買い一巡後は戻り売りに押されて下げに転じ小幅安で終了。
今週は米税制改革の審議やパウエル次期FRB議長の講演も予定されており、加えて中国でも理財商品に対する規制が強化され、元本保証が禁止されるとの報道も有り、様子見ムードが強まりました。
しかし日経平均は大局的に見れば22000円台の値固めを進めている状況に特に変化は無く、個別物色の動きも依然旺盛です。米国情勢や中国情勢も過度に警戒する必要は無いと思います。
日経平均は値固めの膠着した展開が続いていますが、ジャスダック平均とマザーズ指数は堅調で共に7日続伸。
日々買われる銘柄は入れ替わりも有りますが、テーマ株や好材料が出た銘柄を買う動きは旺盛です。
日本市場全体を見た場合、東証1部主力銘柄は調整継続、しかしこれまで出遅れていたジャスダック銘柄とマザーズ銘柄には確実に物色資金が向かっています。
個別物色中心の展開が年内続きそうな感じですが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。