市況分析(11月29日前場情報)

市況分析(11月29日前場情報)

日経平均株価は90円高の22576円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数、S&P500の主要3指数が揃って過去最高値を更新する展開になりました。
米上院で審議されている税制改革案が予算委員会で可決され、本会議通過への期待が高まり、加えて金融危機後に導入された金融規制の緩和が進むとの期待も株式市場の買い材料に。
北朝鮮が約2ヶ月ぶりに弾道ミサイルの発射実験を実施したとの報道が伝わった直後は上げ幅を縮める動きが有りましたが、目先の売りが一巡した後は切り返して高値を更新、さほど警戒する動きは強まりませんでした。
昨夜の米国株が過去最高値を更新し、円相場も111円台半ばまで円安に振れ、北朝鮮のミサイル発射にも米国株は影響を受けず、安心感から本日の日本市場も買い先行で始まる展開。
寄り付き直後には22643円まで上昇、しかし上昇すれば戻り売りに押されると言う展開はここ数日続く状況と変わりは有りません。
押し目買い意欲が強く、強含みの底堅い展開に変わりは無いものの、まだ調整途上と言う状況に有る日経平均ですのでまだ上値の重さが残る、その様な状況です。
今は買いの中心が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。