市況分析(11月29日後場情報)

市況分析(11月29日後場情報)

日経平均株価は110円高の22597円で終了。今日は米国株の大幅上昇を受けて日本市場も買い先行で始まり日経平均も寄り付き直後には22643円まで上昇しましたが、その後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小する展開になりました。
北朝鮮のミサイル発射や米税制改革案も本会議を通過するまでは安心出来ないとの見方もあり、株式市場のムードも上値を買うにはやや慎重と言う感じです。
しかし下げれば押し目買いが入ると言う需給の良さ、底堅さに変化は無く、個別物色意欲の強さにも変化は有りません。
北朝鮮のミサイル発射にも売りが強まらなかったと言う事は相場の地合いはかなり強い、その様に見て問題は無いと思います。
仮に今、高値警戒感のようなものが有れば、やはり北朝鮮のミサイル発射が有ればある程度は株価も下落すると思います。
しかし今日はその様な動きも無く日経平均は上昇、北朝鮮情勢も売り材料にはならず、その様な見方が株式市場では大勢と言う感じです。
日本市場の現状としては、日々の上げ下げは有れども大局的に見れば22000円台半ばでの値固めの動きが続いていると言う状況に変わりは有りません。
簡潔に言えば日柄調整継続中と言う感じですが、しかし個別物色意欲は依然旺盛な状況です。
当面は全体よりも銘柄重視、その様なスタンスでの対応が求められる投資環境だと言えます。
昨日は米上院予算委員会で税制改革案が可決されましたが、本会議で可決されるかどうかはまだ不透明感が残ります。
共和党内でも反対する勢力が有りますので、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。