市況分析(11月9日後場情報)

市況分析(11月9日後場情報)

日経平均株価は45円安の22868円で終了。今日はやや波乱の展開になりました、前場には上げ幅が400円を超えて日経平均は23382円まで上昇。
しかし後場の13時半頃から先物主導で売りが強まり日経平均が急落、14時半頃には22522円まで下げ幅を広げ、売るから下がる、下がるから売るの悪循環でした。
今日の高値23382円から安値22522円まで860円の急落が1時間程度の間に起きました。
特に悪材料が出たと言う訳では有りませんが、ざっくりと言えば上がり過ぎた反動が出た、その様な感じです。
敢えて急落した理由を言うなら、明日はSQで、今日はオプションの最終売買日になりますので、オプションでひと儲けを狙った投機筋が日経平均を上下に動かしたと言う感も有ります。
日経平均を大きく上昇させてコールオプションを売り、同時にプットオプションを買う、その後急落した安値ではポットオプションを売って、コールオプションを買う、このような売買をするだけで今日のように大きく上下に振れれば大きな利益を得る事が出来ます。
最近はその様な値動きも余り有りませんでしたが、一昔前には時々大きく振れる事も多々ありました。
SQが近づくと、その様な波乱が有るのか?無いのか?市場関係者なども良く気にしていましたが、今日は久し振りにダイナミックに上下に振れる展開になりました。
しかしこのような急落が起きるのもやや以上と言えるほどに日経平均の上昇が続いたからです。
今日の値動きを見て学ぶ事が有るとすれば、過熱感を感じるような高値圏では買いは要注意と言う事だと思います。
理解を超えるような展開が続く時には、より冷静になって、買いには慎重になると言う事が重要な事だと思います。
今日の乱高下によって、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。