市況分析(12月12日後場情報)

市況分析(12月12日後場情報)

日経平均株価は158円高の19155円で終了。先週末の欧米株が上昇して、原油先物相場も減産合意を好感して上昇、円相場も115円台に円安が進み、売り材料は無く買い材料目白押しと言う状況では今日も上昇するしかないと言う感じ。
ほぼ全てに近い投資家が、株式市場の過熱感を認識し、上がり過ぎと言う実感は持っていると思いますが、連日買い材料が出て来て、売り材料は有りませんので、正直行き着くところまで行かなければ上昇も止まらないと言う感じです。
いつかは必ず調整安場面は訪れますが、現時点でそれが何時になるかは誰にも解りません。以前にも述べた事ですが、仮に相場急変が有っても、大きな痛手を負わないように、リスクに対する備えをしながら買って行くと言う対応が現実的には最善の対応です。
いずれ下がると考えて、何もしないで下げを待つ場合、数ヶ月指をくわえて見ているだけと言う事にもなりかねません。
又もっと最悪の事態はいずれ下げると考えてカラ売り戦術をくり返す事、テクニカル的にも大きなトレンド展開が起きていますので、このような状況ではカラ売り戦術は封印が賢明。
しかし既に過熱感が出ている銘柄も買えません、おのずと買える銘柄は出遅れ銘柄となって来ますが、何も魅力の無い銘柄は出遅れでも買われません。
多くの投資家がまだ気づいていないようなテーマ株や材料株を動く前に仕込み、吹き上げを待つと言う投資が、リスク少なく利益に繋がる投資になります。
又は過熱感が薄れ、調整が進んだ銘柄なども狙い目となりますが、まだその様な銘柄は少なく余り有りません。
テーマ株や材料株を動く前に仕込み、吹き上げを待つと言う投資では、余り株価が動かないと言う日々が続く事も有りますが、下値不安が少なく安心感は有ります。
上昇基調が続き、高値圏に有るような銘柄が今の日本市場には多く、このような銘柄に総じて言える事は、相場急変が有れば大きく下がると言う事です。
利益を追求すると言う事は大事な事ですが、今の相場状況では、それ以上に急反落のリスクに対して備えをしながら対応して行かなければなりません。