市況分析(12月19日後場情報)

市況分析(12月19日後場情報)

日経平均株価は9円安の19391円で終了。今日は円高を背景に日経平均も売り先行で始まり前場には19307円まで下げ幅を拡大。
しかし目先の利食い売りが一巡すると押し目買いで切り返して下げ幅を縮小、プラス圏には浮上する事が出来ませんでしたが、小幅安まで下げ幅を縮めて終了。
依然強含みの展開が続いていると言う状況に変化は有りません、今週は海外勢のクリスマス前の利食い売りへの警戒も有りますので上値を買う動きは無さそうですが、下げた所は買って来ると言う感じ、押し目買い意欲の強さは依然旺盛。
トランプラリーで、円安株高の展開が続き、連日日経平均は上昇すると言う展開でしたので、日銀のETF買いも余り消化出来ていません。
株価上昇局面では日銀も買う必要は無く、予定されている資金が消化出来なければ、その分だけ下げた局面ではより大きな資金の買いが入る事になります。
今日の売り一巡後の株価の切り返しも日銀のETF買いが有ったかもしれません、又、下げればこれまで以上に買わざるを得ないと言う日銀の存在も、買いを考えている多くの機関投資家などにとっては買い安心感に繋がります。
今日は大きく円高に振れましたが、それでも日経平均は余り下がらず、今日の値動きを見る限りでは、今週に想定される海外勢の利食い売りも難なく吸収してしまいそうな感じもします。
押し目待ちに押し目無し、引き続きその様な相場展開が続きそうな感じです。
しかし先週までは高水準が続いた売買代金も今日は約1ヶ月ぶりに2兆円を少し超える程度に低下しています。
ざっくりと言えば、売買代金が多ければ大型株、主力銘柄が買われ易い状況となりますが、売買代金が減少すれば小型株が買われやすくなります。