市況分析(12月27日後場情報)

市況分析(12月27日後場情報)

日経平均株価は6円高の19403円で終了。今日は売り先行で始まり寄り付き直後には19352円まで下落、しかしその後円安を受けてプラス圏に浮上して10時半ごろには19478円まで上昇。
しかし後場には再度下げに転じて小幅マイナス圏に沈むも大引前にプラス圏に浮上して6円高と4営業日ぶりに反発。
日経平均は日々上げ下げの動きは有れども大局的に見れば高値圏での日柄調整が続いていると言う状況。
円安の動きもやや一服して一段高の動きにはなりませんが、下がる訳でもなく、一時は異常な過熱感を示していた騰落レシオも順調に低下して来ています。
状況としてはいつ調整完了のムードが強まって一段高に転じてもおかしくは無く、あとはキッカケ待ち、円安が進むとか米国株が大きく上昇するとか、追い風が有れば一段高になり易い状況です。
米国市場もクリスマス休暇が終わり今夜から株式市場も再開します、明日からは日本市場も受け渡しベースでは新年度相場入りです、明日は年末高に向けての動きが出て来るかどうかに注目となります。