市況分析(12月29日前場情報)

市況分析(12月29日前場情報)

日経平均株価は57円高の22841円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇、NYダウは過去最高値を更新、年末を控えて商いは閑散ながら企業業績の拡大を期待した買いが優勢と言う展開です。
発表された12月の景気指数も市場予想を上回るなど引き続き足元の経済情勢も良好、全般的には堅調な米株式市場ですがハイテク株だけは総じて冴えない値動きでした。
昨日は「北朝鮮にミサイル発射の兆候あり」との報道を受けて下落した日経平均ですが、今日は買い戻しが先行する展開で反発。
しかし円高気味の円相場や今日は大納会で年内最後の営業日ですので積極的に買う動きも有りません。
ざっくりと言えばポジション調整の売買が中心、個別物色の動きも来年を見据えた買いは限定的。
今日は大納会で年内最後の営業日です、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。