市況分析(12月8日後場情報)

市況分析(12月8日後場情報)

日経平均株価は268円高の18765円で終了。今日は昨夜の米国株の大幅高を受けて日本市場も買い先行で始まりましたが、円高に振れていた為前場には一時上げ幅を縮小する場面も有りました。
しかし後場に入ると円高基調は変わらなかったものの、明日のメジャーSQに向けての攻防で、買い方が攻勢に転じ、売り方の買い戻しも加わり14時以降に上げ幅を拡大。
テクニカル的にも12/1の高値18746円を突破し、今日は高値引けで18765円で終了。
これで明日のメジャーSQも買い方の勝利、波乱なくSQを通過し、今夜の米国株次第では明日にも日経平均19000円回復が有るかもしれません。
チャート上では直近高値を突破して、日柄調整も上に抜け出したと言う形ですので、目先大きな調整安は期待出来ません。
過熱感を抱えながらも年末に向けて上昇基調が続きそうな感じです。お昼にも書きましたが、大きな調整安無く年内は上昇基調が続く、その様な前提で対応して行くと言うのが現実的だと思います。
万が一、一時的に大きく下げると言う場面が有っても、そこは安値買いを実行すれば先々の利益に繋がると思います。