市況分析(2月1日前場情報)

市況分析(2月1日前場情報)

日経平均株価は0,6円安の19040円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウは大きく下落したもののナスダック指数は小幅高で反発、トランプ政権の政策を巡る不透明感や一部企業の決算が悪かった事から全体的には弱含みと言う展開。
しかしNYダウもナスダック指数も過去最高値圏に有りますので、トランプ政権の政策を巡る不透明感から一旦目先の利食いを進めていると言う状況。
しかし減税、財政出動、規制緩和などのトランプノミクスへの期待と言う本質に変わりは無く、入国規制による混乱が落ち着けば再度上昇に転じると思います。
昨夜トランプ大統領が製薬会社大手首脳との会談の中で、中国と日本を名指しして通貨安誘導をしているとの発言が有った事から昨夜の海外市場では円相場は一時112円台前半まで円高が進行。
ドイツに関してもユーロ安を通じて通過安誘導をしているとの発言もしており、日本に関しては2/10の日米首脳会談を控えて、早速牽制して来ていると言う感じです。
一時112円台の前半まで円高が進みましたが本日の日本市場では113円付近まで戻しています。
日経平均株価も今日は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。