市況分析(2月1日後場情報)

市況分析(2月1日後場情報)

日経平均株価は106円高の19148円で終了。トランプ大統領の円安牽制発言を受けて一時112円付近まで円高が進み、日経平均も一時18916円まで下げ幅を拡大。
しかしその後は円高も一服し時間の経過と共に円安に振れ、終わってみれば113円台を回復。
円安に振れる動きと連動するように日経平均も上昇に転じて終わってみれば19100円台を回復。
トランプ大統領の口先介入に朝方は反応したものの、その後円相場も株価も反転した展開を見る限り、トランプ発言にも徐々に慣れて来ていると言う感じがします。
そもそも日米では金融政策が真逆で、米国は利上げを進める方向にあり、日本は当分は現状維持。
経済的にも今後トランプノミクスを進めて行けばドル高圧力がかかりますので、円安進行も米経済政策の結果です。
トランプ大統領の口先介入で一時的に円高が進んでも持続性は無く、又一時的に進む円高も多くは投機筋の売買です。
株式市場もトランプ発言に過剰反応していますが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。