市況分析(2月10日前場情報)

市況分析(2月10日前場情報)

日経平均株価は446円高の19353円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に大きく上昇、トランプ大統領が航空会社幹部との会談で、「今後2,3週以内に税に関して、目を見張るような発表を行う」と述べた事から株式市場も期待が先行する展開に。
トランプ大統領の発言を受けて円安が進み本日の日本市場では113円台の半ばまで円安が進行。
円安を好感して日経平均も急伸、19300円台を回復する大きな上昇になっています。
今日の寄り付きでSQも通過し、身軽になった投資家の行動も一気に買いに傾いたと言う感じ、日米首脳会談を控えて、フライング気味に買い仕掛けに動いたと言う感じです。
日米首脳会談も、為替相場や金融政策に特段の批判は出ないとの見方が強まっており、その様な中での昨夜のトランプ発言ですので、膠着していた株式市場のバランスが一気に買いに傾いたと言う感じです。
昨日までは日米首脳会談を終えるまでは、株式市場も大きく動かないと見ていましたが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。