市況分析(2月10日後場情報)

市況分析(2月10日後場情報)

日経平均株価は471円高の19378円で終了。トランプ大統領の減税、税制改革を示唆する発言を受けて円相場は113円台の後半まで円安が進み、日経平均も大きく上昇。
後場には電話による米中首脳会談で、台湾を巡り、一つの中国政策は維持するとの合意が出来たとの報道も有って大引け前には日経平均も一段高。
米中関係の悪化に対する一抹の警戒も有りましたので、一つの中国政策を維持すると言う合意は株式市場にも安心感を与えます。
昨夜のトランプ発言によって、今夜から始まる日米首脳会談への警戒も一気に吹き飛んだと言う感じですが、首脳会談の結果を見極めるまではまだ楽観は出来ません。
加えてお昼にも述べたように、トランプ政権が考えている減税や税制改革も議会の承認が必要と言う事を考えると実現までにはまだ紆余曲折有ると思います。
トランプ政権の目指す方向が一部見えた事は株式市場にとっては追い風ですが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。