市況分析(2月13日前場情報)

市況分析(2月13日前場情報)

日経平均株価は104円高の19483円で前場を終了。先週末10日の米株式市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇して続伸、減税、税制改革への期待、一つの中国政策を尊重するとの米中首脳電話会談、良好な日米関係の継続などを好感する展開。
注目された日米首脳会談でしたが、円相場や日銀の金融政策への言及は無く、尖閣諸島の問題に関しても、日本からすれば満額回答以上の結果となり、安心感から今日の日本市場も円安株高の展開。
しかし日本市場は先週末に400円を超える大幅高になっていましたので今日の上げ幅は限定的、続伸では有るものの、既に織り込み済みの感も有り、やや上値の重さも感じます。
日米首脳会談への一抹の不安は大きく後退しそれは株式市場には大きな追い風ですが、欧州情勢や米中経済摩擦懸念など、引き続き注意を要する要因は有りますので、これで楽観出来ると言う事にはなりません。
簡潔に言えば、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。