市況分析(2月14日前場情報)

市況分析(2月14日前場情報)

日経平均株価は135円安の21109円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇して続伸、朝方は直近の上昇に対する利食いが出て安く推移していましたが、その後は好業績期待銘柄の安値を拾う買いが入り指数も上昇。
しかし今夜に1月の消費者物価指数が発表される事も有り、様子見姿勢の投資家も多く、米株式市場の現状としては今夜の1月消費者物価指数の発表待ちと言う感じです。
仮に今夜の1月消費者物価指数が強ければ長期金利が一段高となって株式市場は再度大きな下げになる可能性があります。
逆に今夜の1月消費者物価指数が弱ければ長期金利は低下して株式市場も大きく上昇する可能性があります。
今夜の1月消費者物価指数の結果が短期的には1つの大きな山場になりそうですので結果に注目したいと思います。
昨夜の米国株の上昇を受けて今日の日本市場も買い先行で始まり日経平均は一時21371円まで上昇しましたが、昨日同様に買い一巡後は戻り売りに押される展開でマイマス圏に沈むと言う状況。
ジリジリと進む円高や今夜の米1月消費者物価指数の発表を控えて日本市場も様子見ムードが強く、今後の展開も今夜発表される米1月消費者物価指数の結果次第と言う状況です。
その様な状況ですので本日の日本市場もポジション調整の売買が中心です、リスクを取るような投資家なら少しずつ安値拾いを進めていると思いますが、安全重視と言う投資家は結果を確認してから動く、その様な感じだと思います。
株式市場の状況としては依然不安定な値動きが続き易い状況、大荒れになった原因である米長期金利は高止まり状態で、引き続き長期金利の動向に敏感な相場環境が続いています。
その米長期金利も今夜発表される米1月消費者物価指数の結果次第で上下に振れると言う事になりますので、今夜の米1月消費者物価指数が弱ければ日米共に株式市場は急反発のキッカケになるかもしれません。
しかし逆に今夜の米1月消費者物価指数が強ければ日米共に株式市場は再度急落、しかしそれが目先の悪材料出尽くしとなって、大きく下げた後は急反発に転じると言う可能性も有ると思います。
ざっくりと言えば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。