市況分析(2月14日前場情報)

市況分析(2月14日前場情報)

日経平均株価は31円安の19427円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に上昇して続伸、連日の過去最高値更新。
先週、トランプ大統領が近々税に関する重要な発表を行うと表明しましたが、昨夜も引き続きトランプ政権の政策への期待が先行すると言う展開。
米国株高を受けて本日の日本市場も小幅高で始まりましたが、連日の上昇の後と言う事や為替がやや円高に振れている事も有って今日は売りが先行する展開で日経平均は小幅反落。
しかし短期急騰の後の上昇一服場面であり、特に懸念する下げでは有りません、短期筋の目先の利食いを吸収している局面、その様な見方で良いと思います。
日米首脳会談への警戒で2/7には18800円付近まで売り込まれていた日経平均ですが、その後、トランプ発言と日米首脳会談への警戒後退で日経平均も急上昇。
当然短期急騰に対する過熱感や目先の利益確定売り心理も強まりますので一旦適度な調整安になるのも相場的には自然な流れです。
米国株がトランプノミクス再始動と言う感じで上値追いの動きをしており、米国株の上昇基調が続く限り、海外投資家のリスクオンの動きが続きますので、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。