市況分析(2月14日後場情報)

市況分析(2月14日後場情報)

日経平均株価は220円安の19238円で終了。今日は昨夜の米国株高を受けて小幅高で始まった日経平均でしたが、その後為替が円高気味に動いていた事から売りに押されて前場は小幅安で終了。
後場に入るとトランプ政権のフリン大統領補佐官(国家安全保障担当)辞任報道が伝わり、先物主導で売りが強まって日経平均は下げ幅を拡大。
同氏を巡っては、トランプ大統領の就任前に、ロシア側と米国の対ロシア制裁について協議した疑いが出ていましたが、結局辞任と言う結果に。
スタートして間もないトランプ政権の重要閣僚が辞任となった事から、トランプ政権の先行きへの不安が高まり、一時的にリスクオフの動きが強まったと言う感じ。
フリン大統領補佐官の辞任報道を受けて円高が進み日経平均も下げ幅を拡大、加えて東芝の決算発表の延期も嫌気され、後場は投資家心理が一気に悪化したと言う感じです。
しかし東芝の危機的状況もフリン大統領補佐官の辞任も、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。