市況分析(2月16日前場情報)

市況分析(2月16日前場情報)

日経平均株価は119円安の19318円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に続伸の展開で連日の過去最高値更新。MYダウは5日続伸でナスダックは7日続伸、そろそろ一旦適度な調整安場面が有りそうな感じ。
昨夜の米国市場は、イエレンFRB議長の米経済は良好との議会証言が引き続き好感され、発表された経済指標も市場予想を上回り買い材料に。
加えてトランプ大統領が小売り企業幹部との会談で、個人や企業の大規模減税の方針を示した事も株式市場には大きな追い風になりました。
昨夜海外市場では114円台の後半まで円安が進みましたが、その後円高に反転して本日の日本市場では113円台後半まで円高が進行。
昨夜の米国株高にもかかわらず、円高進行を受けて本日の日経平均も小幅反落、主要企業の決算発表も一巡してやや手掛かり材料不足と言う状況です。
しかし個別物色意欲は引き続き旺盛ですので日経平均の膠着展開も特に気にする必要は有りません。
昨日も述べたように、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。