市況分析(2月16日後場情報)

市況分析(2月16日後場情報)

日経平均株価は90円安の19347円で終了。円高が嫌気されて今日は日経平均も反落、前場には一時177円安まで売り込まれましたが、その後は買い戻しも有って下げ幅を縮めて終了。
今日は特に手掛かり材料も無く、東芝が3月期決算での債務超過が避けられず、東証2部に指定替えと言う事も嫌気された感じ、しかし好業績銘柄やテーマ株などを物色する動きはそれなりに旺盛、銘柄重視の投資をする上では特に問題は無いと思います。
又、北朝鮮の動向が若干嫌気された感じもします、金正男暗殺で、今後の北朝鮮情勢に何か動きが出て来るのか?
その辺りの不透明感が少し強まった事も今日の日本市場では売り材料につながったかも知れません。
日本市場の現状としては、四半期決算の発表も一巡し、日経平均を動かす要因としては円相場ぐらいしか有りません。
円相場に連動して日経平均も動く、基本的にはその様な展開が当面は続く事になると思います。
しかし物色の中心は個別物色ですので、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。