市況分析(2月2日前場情報)

市況分析(2月2日前場情報)

日経平均株価は48円安の19099円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウは上昇して4営業日ぶりに反発、ハイテク企業が多いナスダック指数は2日続伸。
売上高が伸びたアップルが大きく上昇しNYダウの上昇を牽引、加えて発表された経済指標も良かった事から買い優勢に。
NYダウは一時上げ幅が100ドルを超えましたが、引け後の米FOMCの結果発表を控えて次第に利食いに押され上げ幅を縮めて終ると言う展開。
米経済は良好、これは株式市場の下値を支える要因になりますが、トランプ政権への懸念は株式市場の上値を押さえる要因、現時点では強弱対立するような状況になっています。
しかし先々減税、財政出動、規制緩和の詳細が明らかに有るに連れて米株式市場も上昇に転じる展開が想定されますので、今は次の好材料を待っている局面でも有ります。
昨日一時下振れしたあとに上昇に転じて反発した日経平均ですが、円安の動きも一服して今日は日経平均も反落。
円相場も今日は113円付近での値動きで、トランプ大統領の円安牽制発言による円高圧力も一巡しましたが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。