市況分析(2月2日後場情報)

市況分析(2月2日後場情報)

日経平均株価は233円安の18914円で終了。今日は小幅高で始まった日経平均でしたが、徐々に円高が進み日経平均も徐々に下げ幅を拡大。
前場は下げ渋ったものの、後場に入ると一段と円高が進み日経平均も下げ幅を拡大、19000円を切ると下げ足を早める展開で大引け前には18866円まで下落。
特に何か悪材料が出たと言う訳では有りませんが、ジリジリと円高が進む中でジリジリと株価も下げると言う展開。
FOMC声明で次の利上げに関する含みは無く、2/10の日米首脳会談で日本の量的緩和策に注文が入るのでは?との懸念も意識された感じ。
例え、量的緩和政策に注文が入ってもやめる可能性はほぼゼロですが、何を要求されるかわからないと言うムードがリスク回避の売りを強めたと言う感じも有ります。
昨日は下振れした後に反発して上昇している日経平均でしたので今日の下げはやや想定外の展開。
大局的に見れば上昇基調に変化無しとなりますが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。