市況分析(2月28日前場情報)

市況分析(2月28日前場情報)

日経平均株価は131円高の19238円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック共に上昇、NYダウに関してはこれで12連騰、NYダウが12日連続で過去最高値を更新すると言う展開は約30年ぶりの現象。
有る意味では歴史的な展開とも言えるNYダウの連騰です、28日のトランプ大統領の議会演説にも期待が高まる米国市場と言う感じです。
そのトランプ大統領の議会演説ですが、米国時間の夜9時ごろに始まると言う事ですので日本時間では3/1の午前11時頃から始まると言う事になります。
簡潔に言えば日本市場では明日3/1の後場に、トランプ大統領の議会演説に対する株式市場の反応が出て来ます。
米大統領選挙の時や英国のEU離脱決定の時にもそうでしたが、大きなイベントの結果を世界で最初に株式市場が織り込むのが日本市場と言う状況です。
米大統領選挙の時も英国のEU離脱の時も、日本の株式市場は大きく下落し、その後急上昇に転じると言う動きになっています。
最初は売りで反応して、売りが一巡した後には買い戻しの動きが入る、どちらもその様な展開になりましたが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。