市況分析(2月3日前場情報)

市況分析(2月3日前場情報)

日経平均株価は70円安の18843円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に小幅に下落。今夜の1月雇用統計の発表を控えて全般様子見ムードの強い展開。
トランプ大統領がオーストラリア首相との電話会談で難民の受け入れを巡って対立、一方的に電話会談を打ち切ったとの報道が流れ、外交停滞懸念も様子見要因に。
昨夜の米国株が小動きで、円相場は112円台、今日の日本市場も特に買い材料は無いものの日経平均は買い先行で始まり一時19061円まで上昇。
昨日大きく下げていますので今夜の米雇用統計の発表を控えて一旦買い戻しの動きが強まったと言う感じですが、買い一巡後は失速してマイナス圏に沈み前場を終了。
円相場も上げ下げの波は有りますが現状では流れは円高方向、今の市場のムードとしては2/10の日米首脳会談の結果を確認するまでは円高気味の展開が続きそうです。
今夜の米1月雇用統計に関しては、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。