市況分析(2月3日後場情報)

市況分析(2月3日後場情報)

日経平均株価は3円高の18918円で終了。今日は買い先行で寄り付き直後には19061円まで上昇した日経平均でしたが、その後円高が進み11時26分には18830円まで下げ幅を拡大。
円高が進んだ原因としては、午前中に予定されていた日銀の買いオペで、超長期国債が買い入れ対象外となった事から長期金利が上昇した事。
長期金利の上昇を受けて円高が進み日経平均も下げ幅を広げて18830円まで下落、トランプ大統領に円安牽制発言をされているだけに、色々と思惑が膨らんだのだと思います。
しかしその後日銀が指し値オペを通告すると上昇していた長期金利が低下して円安が進行、その結果日経平均も急反発に転じてプラス圏に浮上。
ざっくりと言えば日銀の国債買いオペに振り回された結果の日経平均の乱高下、しかしその根底に有るのはトランプ大統領の円安牽制発言です。
敏感になり過ぎていると思いますが、日米首脳会談を通過するまでは長期金利や円相場に敏感に反応する株式市場が続きそうです。
しかしながら今日も下げ幅を広げた後急反発して戻したように、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。