市況分析(2月6日前場情報)

市況分析(2月6日前場情報)

日経平均株価は55円高の18974円で前場を終了。先週末の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に上昇、トランプ大統領が金融規制を抜本的に見直すよう指示する大統領令に署名、加えて米1月雇用統計も市場予想を上回る伸びを示し、株式市場も買い優勢の展開に。
しかし雇用統計は良かったものの、賃金の伸びは前月からやや鈍化した事で早期利上げムードは高まらずドル高(円安)は進まず。
本日の日本市場もまずは米国株高を好感して買い先行の展開で始まり、寄り付き直後には19075円まで上昇しましたが、その後円高が進み株価も次第に上げ幅を縮小。
米国株高は好感しながらも円高進行が嫌気されると言う展開で強弱感が対立すると言う感じの展開になっています。
今週末には日米首脳会談も有りますので、首脳会談を前にして一段と円安が進む可能性は無く、そう言う意味では今日の円高進行もさほど気にする必要は有りません。
が、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。