市況分析(2月6日後場情報)

市況分析(2月6日後場情報)

日経平均株価は58円高の18976円で終了。後場は一時マイナス圏に沈んだ日経平均でしたが、円高一服を受けて反発に転じ、終ってれば小幅高。
今日は先週末の米国株高を受けて買い先行で始まり寄り付き直後には19075円まで上昇しましたが、その後円高が進み日経平均も失速。
トランプ大統領が金融規制の緩和を指示する大統領令に署名し、規制緩和が実行されれば米経済にとっては好材料、一段と景気拡大が進む事になると思います。
1月雇用統計からも足元の米経済は好調との確認も出来ましたので、一時的に円高が進んでも、日米経済実体からすれば大きな流れは円安との見方から多少円高が進んでも大きな悲観は強まらないと言うのが今のマーケット。
金融規制の緩和を指示した事でトランプノミクスの第1弾がスタートし、次は減税、財政出動、どちらも米経済への追い風であり、ドル高要因。
ビル・クリントン政権時に、日米首脳会談の後、ドル安/円高が進んだ経験から今回の日米首脳会談の後も円高が進むのでは?との警戒がマーケットには多少有ります。
しかし当時と比べて、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。