市況分析(2月7日前場情報)

市況分析(2月7日前場情報)

日経平均株価は85円安の18891円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に小幅安、手掛かり材料が少なく、先週末に大きく上昇している事も有って目先の利食いに押されると言う展開。
金融規制の緩和を指示する大統領令に署名し、次は減税、財政出動と言う期待は依然大きく、大局的に見れば引き続き強含みの米国市場との見方に変わりは有りません。
今週末に日米首脳会談を控えて為替市場では思惑が先行する展開で今日も円高が進行、111円台の後半まで円高が進み、日経平均も売りが先行する展開で下落。
しかし日々上げ下げは有れどもボックス相場の中での値動きであり、本質的には週末の日米首脳会談待ちと言う状況に変わりは有りません。
日米首脳会談待ちと言う状況で円高が進み日経平均も弱含みの展開になっていると言う事は、日米首脳会談の結果に対して悪い結果を先に織り込んでいると言う事。
悪い結果になるかどうかは解りませんが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。