市況分析(2月7日後場情報)

市況分析(2月7日後場情報)

日経平均株価は65円安の18910円で終了。円高進行を受けて前場には18805円まで下げ幅を広げた日経平均でしたが、その後円高が一服すると押し目買いで切り返して14時前には18970円まで上昇。
しかし週末に日米首脳会談を控えている状況ではプラス圏に浮上するまでの買いは入らず、大引けにかけては再度下げ幅を広げて終了。
必要以上に下値を売り込む動きは無いものの、日米首脳会談の結果を確認するまでは上値も買えず、その様な感じの相場展開です。
週末のSQに向けて、オプションのポジションから見ると日経平均19000円の攻防と言う感じです。
2月以降の日経平均の高値は19170円で安値は18805円、ざっくりと見れば19000円を挟んでの上下動になっています。
明日以降上下どちらに振れるのか?買い方は19000円以上を目指し、売り方は19000円以下を目指す、その様な状況下で明日以降の値動きが注目されます。
オプションの建て玉から見れば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。