市況分析(2月9日後場情報)

市況分析(2月9日後場情報)

日経平均株価は99円安の18907円で終了。昨夜の海外市場では円高が進み、今日の日本市場も売り先行で始まりまずは下げ幅を拡大。
しかしその後円安に振れた為、日経平均も下げ幅を縮小し11時過ぎには18991円まで上昇。
強弱感の対立するような値動きでしたが、本質的には明日のSQに向けての売り方と買い方の攻防。
前場は下げ幅を縮小しましたが、後場になると再度下げに転じて今日の安値圏で終るなど明日のSQに向けての攻防も売り方が優勢と言う状況。
そもそも週末に日米首脳会談を控えていますので、積極的に売買をする動きも無く、様子見ムードの中で先物主導で上下に振れているだけの展開。
日米首脳会談を通過するまでは上下に振れても相場的には意味は無く、短期筋の売買で上下に振れているだけです。
今週は日々その様な展開が続いており、明日も膠着感の強い値動きになりそうです。
今日も個別物色の動きはそれなりに出ていますが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。