市況分析(3月13日後場情報)

市況分析(3月13日後場情報)

日経平均株価は144円高の21968円で終了。朝方は円高を嫌気してマイナス圏で推移していましたが、徐々に円安が進むと後場にはプラス圏に浮上して上げ幅を拡大。
テクニカル的には昨日の十字線を包み込む陽線となり、相場の地合いとしては強い値動きと言えると思います。
今夜は米国市場で消費者物価指数が発表されますが、仮に高い伸びとなれば再度インフレ懸念から利上げ加速懸念が高まり米国株が大きく下がりかねません。逆に低い伸びに留まれば、利上げ加速懸念は後退して株価上昇に繋がります。
まだこの先発表される米経済指標の内容次第では一時的に下振れすると言う展開も有り得ますが、しかしその様な展開が有ったとしても影響を受けるのは主に主力系の銘柄です。
内需系のテーマ株や材料株、又は中小型の好業績銘柄などには悪影響も少なく、逆に消去法的に買われると言う展開も期待出来ますので、その様な銘柄を中心に買って行くと言う投資スタンスならさほど神経質になる事は有りません。
日米共に相場状況は徐々に改善しており、2月の暴落的な下げの悪影響も徐々に修正が進んでいます。
まだ完全に悪影響を払拭したとは言い切れませんが、ナスダック指数に関しては既に暴落前の過去最高値を更新しています。
NYダウに関しては保護貿易懸念などからまだ力強い上昇は見られませんが、それでも値動きは落ち着きを取戻して、堅調な展開になりつつあります。
日経平均の値動きもほぼNYダウと同じようなチャート形状になっており、ナスダック指数のみがやや突出して上げていると言う状況です。
今日は日本市場でもハイテク株を買う動きが強まり日経平均株価の上昇を牽引しましたが、日本市場がナスダック指数に連動するような展開を強めるなら、今後の値動きも期待が持てると思います。
日経平均が膠着した展開でも中小型株やテーマ株、材料株などの個別物色は期待出来ると思いますが、日経平均が上昇する展開の方が更に良い環境で有る事には変わりは有りません。
ざっくりと言えば日経平均が上昇する展開の方が投資家心理も良くなると言う事、前向きな売買が増えて来ればおのずと個別物色の動きも活発になって行きます。
テクニカル面から日本市場の現状を見ると、日経平均株価は25日移動平均線を上回り、ボリンジャーバンドも急速に縮小しており、もう暫く堅調な展開が続けば、その先には一段高が期待出来ると言う状況です。
もう少し簡単な見方としては、2/27の戻り高値である22502円を超えて来れば、2月の暴落的な下げの影響もなくなり、新たな局面を迎える事になります。
日経平均に関しては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。