市況分析(3月19日後場情報)

市況分析(3月19日後場情報)

日経平均株価は195円安の21480円で終了。今日は前場に21366円まで下げ幅を広げましたが、その後は買い戻しで下げ幅を縮めて終了。
安倍政権の支持率急落が警戒されて株式市場もリスク回避の売りが強まりましたが、これまでに明らかになっている事実だけでは安倍首相の退陣までには至らないのではないかと見ています。
仮に今後新たな事実が明らかになり、それが安倍政権の関与を示すようなものであればアウトだと思いますが、そうでなければ株式市場の警戒も一過性になります。
この先どんな材料が出て来るかは神のみぞ知ると言う事になりますが、株式市場が本気で安倍首相の辞任の可能性を折り込みに行けば日経平均の下げもこの程度では終らないと思います。
現状では森友問題も懸念材料では有りますが、昨年から続いている事で中身にも特に変わりは無く、過度に悲観的になる必要は無いと思います。
明日の20日から米FOMCが始まります、今回のFOMCでの利上げは既に想定内の事ですが、市場が注目するのは今後の年内の利上げ回数です。
今回を除いてあと2回になるのか?又は3回になるのか?FOMC終了後のパウエルFRB議長の会見に注目が集まります。
正直なところ米国の利上げ回数が年内3回と4回で、米経済に与える影響にさほど大きな違いは無いと思いますが、株式市場などはその小さな違いにも大きく反応するものです。
米FOMCの結果を確認出来るのは、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。