市況分析(3月20日後場情報)

市況分析(3月20日後場情報)

日経平均株価は99円安の21380円で終了。今夜から米FOMCが始まると言う様子見ムードが強まり易い状況でフェイスブックの個人データ流出疑惑が浮上して昨夜の米国株が大きく下落。
日本市場も売り先行で始まり寄り付き直後には21223円まで下げ幅を拡大、しかしフェイスブックの個人データ流出疑惑も一企業の問題で、円相場も円安に振れていましたので、売り一巡後は買い戻しや押し目買いでジリジリと下げ幅を縮小。
トランプ政権の保護主義の強まりや、米中、米欧の通商摩擦の高まり、国内でも森友問題による政治の停滞など、様子見材料が多く、暫くは日経平均の上値は限定的になりそうです。
当然日々出て来る材料次第で日経平均も上下に振れると言う動きは有りますが、先に述べたような大きな懸念材料が払拭されるまでは日経平均の上値も限定的にならざるをえません。
しかし3月期末が近づいており、配当狙いの買いなどもぼちぼち入っている感じですのでさほど大きな下値不安は有りません。
ちなみに3月の配当権利付き最終売買日は27日です、27日までは下がれば配当狙いの買いが入る、その様な動きから底堅い展開になると思います。
これまでにも繰り返し述べている事ですが、日経平均が膠着感を強めれば、テーマ性を持つ銘柄や個々の材料性を重視した個別物色の動きが強まります。
当面は全体よりも個を重視、その様な投資スタンスが最善との考えに変わりは有りません。日経平均が多少弱くとも、銘柄重視の個別対応と言う投資スタンスなら弱気になる事は無いと思います。
業績面の大きな問題が無く、投資家の関心が高いテーマ性を持ち、又は個別に好材料が出たような銘柄を一貫して攻めて行くと言う感じの投資が良いと思います。
又、今のような投資環境では、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。