市況分析(3月22日後場情報)

市況分析(3月22日後場情報)

日経平均株価は211円高の21591円で終了。FOMCとパウエルFRB議長の会見を無難に通過した事から今日の日本市場は買戻しが強まり日経平均はじり高の展開になりました。
昨夜の米国市場が小幅に下落した事から今日の日経平均も小幅安で始まりましたが、その後24時間取引市場で米株価指数先物が上昇に転じた事も有り、日経平均も時間の経過と共に上げ幅を広げると言う展開になりました。
しかし直近3日続落となっていましたので今日の上昇も買戻しが中心の上昇、円高基調が続く限りは日経平均の上値も限定的になると思います。
加えて森友問題にある程度の目処が出て来ない限り海外投資家の積極的な買いは入りづらいと思います。
又、今夜はトランプ大統領が中国からの輸入品に対して追加関税措置を発表する予定です、内容がどうなるのか、中国はどのような対抗措置に出るのか?
米中貿易戦争懸念が高まるようだと世界の株式市場にとっても大きな悪材料になります。
国内外共に懸念材料が山積する相場状況では有りますが、一方では世界経済は非常に堅調です。
見方を変えれば経済が良いからこそ、つまらない政治的対立も出来ると言う一面も有り、良好な経済が今は唯一の救いです。
実体経済が悪化しない限り、多少の政治的な問題も過度に警戒する必要は無い、その様な見方も出来ると思います。
日本市場に関しては、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。