市況分析(4月12日後場情報)

市況分析(4月12日後場情報)

日経平均株価は26円安の21660円で終了。今日は終日膠着した値動きになり、明日のSQを控えて投機的な動きも有りませんでした。
トランプ大統領がシリア攻撃を示唆し、シリアを支援しているロシアも批判するなど、地政学リスクの高まりを背景に株式市場も様子見が強まっています。
米国と英国、フランスがシリアを批判する声明を発表して、共同で軍事介入を示唆するような動きも出ています。
現状を見る限り、シリアへの攻撃は近い、そう見ておく方が良いと思います。
しかしシリアへの攻撃が有ったとしても、ミサイル攻撃など限定的になると思いますので、株式市場や円相場への悪影響も限定的だと思います。
仮にシリアへの攻撃が始まって株式市場が下落するなら、そこは安値買いのチャンスと考えて良いと思います。
底堅い展開が続いている日本市場ですが、現時点では上値も重く、上下どちらにも動き難いと言う膠着した展開が続いています。
その理由としては、米中貿易摩擦問題やシリア情勢の緊張の高まり、国内政治混迷に加えて今後主要企業の決算発表が始まると言う事が有ります。
その他にもトランプ政権の保護主義的な経済政策や北朝鮮情勢、原油相場の上昇など、諸々有りますが、日経平均に膠着感が強まれば強まるほどに個別物色の動きが徐々に強まって行きます。
個別物色の動きも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。