市況分析(4月16日前場情報)

市況分析(4月16日前場情報)

日経平均株価は55円高の21834円で前場を終了。先週末の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に下落、四半期決算を発表した米大手銀行3行が市場予想を上回る増益となるなど決算内容は良かったものの、シリアへの軍事攻撃も警戒され、好決算発表も利益確定売りを強める結果に。
米企業業績に関しては、そもそも減税の効果である程度の増益になる事は既に織り込み済み、期待で買って結果で売ると言う展開になり易く、先週末の米大手銀行株もまさにその様な展開になりました。
又、米国のロシアへの経済制裁に対する報復措置として、ロシア政府が航空機の機体に使うチタンの販売制限を検討しているとの報道が伝わりボーイングなど航空機メーカーが大きく下落。主要な一部銘柄の株価下落がNYダウの下げを牽引する格好となりました。
先週末のNYダウは122ドル安でしたが、ボーイング、JPモルガン、ゴールドマン・サックスの3社でNYダウを103ドル程度押し下げる結果になり、全体を見れば多くの銘柄は底堅い展開、先週末の米国株下落もさほど気にする必要は無いと思います。
先週末金曜日の段階ではまだシリアへの攻撃は有りませんでしたが、その後14日未明に米英仏3カ国によるシリアへのミサイル攻撃が実行されました。
今のところは1回限りで限定的なミサイル攻撃になるとの見方が強く、本日の日本市場にも悪影響は無く、日経平均株価は買い優勢の展開で上昇。
シリア情勢に関してはもう少し状況の推移を見て行かないとまだ楽観は出来ませんが、シリア情勢が世界経済に大きな悪影響を与えると言う事は有りませんので過度に悲観する事は無いと思います。
想定される悪影響としては原油相場の上昇が有りますが、今のところ原油相場にも大きな動きはなく、特に問題は有りません。
又シリア情勢がロシアを巻き込み混乱拡大と言う状況になる事を警戒する声も一部には有りますが、現実的に見ればロシアがその様な状況になる事にメリットは無く、行き過ぎた見方だと思います。
今週は米朝首脳会談に先立ち、事前協議的な日米首脳会談が有ります。トランプ大統領が日米貿易に対して批判的な発言もしており、通商問題で何か懸念材料が出て来ないか一応注意は必要です。
しかし一方では・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。