市況分析(4月20日前場情報)

市況分析(4月20日前場情報)

日経平均株価は30円高の22222円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に下落、スマートフォンの需要が弱まっているとの見方からアップルや半導体関連銘柄が売られ、米長期金利が上昇した事も株式市場の売り材料に。
アップルに部品を供給している半導体受託生産の世界最大手TSMCが先行き慎重な業績見通しを示した事が影響したと言う格好。
本日の日本市場は、昨夜の米国株の下落と半導体関連株の下落を受けて、日本市場でも日経平均への寄与度が大きいハイテク関連株が売られて日経平均も売り先行のスタート。
一時下げ幅は100円を超えて22076円まで下落、しかし米長期金利の上昇を背景に円相場は円安に振れており、今日は107円70銭程度まで円安が進んでいます。
日経平均も一時下げ幅を広げましたが、円安進行を受けて売り一巡後には下げ幅を縮小、プラス圏に浮上して前場を終了。
日経平均は昨日まで5日続伸しており今日は週末ですので、一旦目先の利食い売りも出やすい局面では有りますが、円安基調が続いている事から株式市場も底堅い展開になっています。
株式市場を取り巻く状況を少し確認してみると、米中貿易摩擦は水面下での協議が続いているようですが、先の習近平国家主席のアジアフォーラムでの発言を聞く限り最終的には米中両国が納得出来る決着に落ち着くと思います。
シリア情勢もミサイル攻撃は既に実行され材料出尽くし、今回の日米首脳会談でも通商面や円相場への言及は無く、結果としては上出来。
残るは、米朝首脳会談になりますが、現時点では首脳会談実現に向けて進展しているようですので現状では特に問題は無し。
今後状況が変化する可能性は有りますが、現時点では株式市場を取り巻く情勢はリスクオンに傾き易い状況です。
外部環境に関しては警戒材料がかなり払拭され、その結果日経平均もジリジリと上昇して来ました。
短期的に株式市場の関心が強まるのは来週以降本格化する国内主要企業の決算発表と言う事になります。
決算発表シーズンを迎える時期に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。