市況分析(4月24日前場情報)

市況分析(4月24日前場情報)

日経平均株価は148円高の22236円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に小幅に下落して続落。米長期金利が一時2,99%まで上昇して4年3ヶ月ぶりに3%に接近し、金利上昇への警戒感からNYダウは一時134ドル安まで下げ幅を拡大。
しかし今後本格化する主要企業の決算発表への期待から売り一巡後は下げ幅を縮めて終了、当面は主要企業の決算発表を睨みながら動く米国市場となりそうです。
米国株は小幅に下落したものの、米長期金利の上昇を受けて一段と円安が進行、円相場は108円80銭付近まで円安が進み、昨日から一気に1円ほど円安が進みました。
今日の日本市場も円安進行を好感して日経平均は上昇、寄り付き直後には22252円まで上値を伸ばし、その後は一旦上げ幅を縮めたものの、目先の利食い一巡後は再上昇に転じて再度今日の高値圏に。
円安進行は株式市場には追い風ながら、今後主要企業の決算発表が本格化しますので上値追いにはやや慎重なムードが有ります。
もしも今が決算発表を通過した後なら日経平均はもっと上昇していると思いますが、決算発表前と言う事で日経平均の上昇も押さえられていると言う感じです。
主要企業の決算発表を控えて、決算発表待ちと言うスタンスの機関投資家は多く、今は上値が少し重い展開になっていますが、ジリジリと進む円安は企業業績面での安心感を高め、潜在的な先高ムードを高める要因になります。
米長期金利上昇による米国株の停滞は日本市場にもマイナスながら、米長期金利の上昇による円安進行は日本市場にはプラス。
当面はこのプラスマイナスが綱引きするような格好になりますが、ベストシナリオとしては、米長期金利の上昇も米経済良好との見方につながり、米国株も金利上昇を気にせずに上昇基調に転じる事です。
加えて新たな好材料としては原油相場の上昇によるオイルマネーの日本株買いが期待出来る事です。
原油相場の過度な上昇は世界経済への悪材料になりますが、現水準程度なら緩やかなインフレ要因となってさほどマイナスにはなりません。
更に言えば、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。