市況分析(4月26日前場情報)

市況分析(4月26日前場情報)

日経平均株価は130円高の22346円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは上昇して6営業日ぶりに反発、市場予想を上回る決算を発表したボーイングが買われ、同社1銘柄でNYダウを95ドル押し上げる展開に。
昨夜のNYダウは59ドル高ですので、ほぼボーイング1社によるもの、NYダウの値動きも一部の銘柄の値動きが大きく影響し、全体を見渡すと又別の景色に見えます。
昨夜の米国市場全体を見た場合、長期金利の上昇を受けてポジション解消売りも多く、ハイテク株売りの流れが続いてナスダック指数は小幅安ながら5日続落。
NYダウ、ナスダック指数共に決算発表や日々の材料を受けた個別物色の結果が指数の上げ下げに繋がっていると言う状況です。
今日の日本市場は円安進行と東京エレクトロンの好決算発表を受けて買い先行で始まり日経平均も上げ幅を拡大。
円相場が一段安になり109円台半ばまで円安が進行、東京エレクトロンが今期も連続で過去最高益更新、大幅増収増益見通し決算を発表し、主力銘柄全般に買い安心感が強まっています。
円安が進む中での東京エレクトロンの好決算発表で、今後発表される主要企業の決算にも期待が高まると言う状況です。
日々の上げ下げは当然有りますが、テクニカル的には上昇トレンドが続いている日経平均、ゴールデンWが近づいている事から積極的な買いが入るのはゴールデンWが終ってからになると思いますが、相場の地合いは日に日に良くなっていると思います。
しかし今日に関しては日経平均の上昇も東京エレクトロンなど一部の銘柄が牽引し、日経平均先物主導の一面も有り、個々の銘柄を見ると連休前の手仕舞い売りに押されている銘柄が目に付きます。
理想としては連休前に多少はポジションを縮小しておくのが理想的では有りますが、無理やり売却するような必要も無く、利食い出来る物は利食いしておくと言う程度で良いと思います。
今年のゴールデンWは、今週末からの3連休の後、5/1、5/2と2営業日挟んで後半の4連休と言う日程になっています。
ざっくりと言えば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。