市況分析(4月27日前場情報)

市況分析(4月27日前場情報)

日経平均株価は94円高の22413円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは大きく上昇して2日続伸、ナスダック指数も大きく上昇して6営業日ぶりに反発。
市場予想を上回る決算を発表したフェイスブックが大きく上昇してIT関連株全般に買いが広がり指数を押し上げると言う展開に。
加えて長期金利が低下した事も買い安心感に繋がり株式市場の買い材料になりました。
半導体大手のアドバンス・マイクロ・デバイスも市場予想を上回る好決算となり、半導体関連株にも買いが強まり、米国市場でも直近調整色を強めていた銘柄に見直し買いの動きが強まると言う展開です。
昨夜の米国株が大きく上昇、円相場に大きな動きは無いものの109円台をキープ、その様な環境で今日の日本市場は米国株高を好感する展開で日経平均も続伸。
寄り付き直後に22488円まで上昇して2/27戻り高値の22502円に接近しましたが、その後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小、一気に22502円突破とはなりませんでした。
しかし明日からゴールデンW入りを控えており、連休入り前にポジションを解消しておきたいと言う売り物もかなり有ると思いますので、今日の上昇一服もその様な売り物を吸収している局面。
上値が重いと言う見方にはならず、戻り売りを吸収して一段高のエネルギーを蓄えていると言う感じの上昇一服の動きだと思います。
現時点での市場の見方としては日米主要企業の業績は良好、米中貿易摩擦問題も一時のように過度に警戒するムードは無く、米長期金利の動向にも過剰な反応は有りません。
そして今日は北朝鮮と韓国が南北首脳会談を行っています、北朝鮮を巡る過度な警戒も有りません。
ざっくりと言えばリスクオンのムードが強まり易い相場環境です、日本市場はゴールデンWと言う長期連休が控えていますので株式市場が一段高に向かうのは連休明けになると思いますが、相場状況としては先高期待が持てる状況だと思います。
日経平均株価が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。