市況分析(6月13日後場情報)

市況分析(6月13日後場情報)

日経平均株価は88円高の22966円で終了。今夜の米FOMCを控えて強弱感が対立して若干上下に振れましたが、終って見れば88円高で22966円、23000円回復もあとわずかです。
今日は110円60銭付近まで円安が進み株式市場も買い安心感が強まって買いが優勢に、ジリジリと進む円安も今夜の米利上げを先取りしているような展開。
しかし米FOMCで追加利上げが決定しても、この先の政策スタンスがハト派的になれば、ドル買い材料は出尽くしとなり円高に振れる可能性が有りますので、その様な一抹の懸念が今日は日経平均の23000円乗せを躊躇させたと言う感じです。
今夜の米FOMCの日本株にとっての理想的結果は、金融政策に関してはタカ派的なスタンスが維持され、米景気見通しも上方修正されるのが理想的。
米経済は好調持続、その結果金利は緩やかに上昇するものの、利上げによる経済への悪影響はない、その様なコメントが有れば米FOMCも無難に通過する事になると思います。
ベストシナリオなら、米FOMCを通過した後は懸念材料出尽くしとなって米国株が上昇し円安が進む、これがベストシナリオになります。
バッドシナリオとしては、米FOMCを通過した後、今後のスタンスがハト派的になって円高が進む、または利上げの悪影響が警戒されて米国株が大きく下げる、これがバッドシナリオになります。
主要企業の今期の想定為替レートは概ね105円程度です、この先多少円高に振れるような局面が有ったとしても業績に大きな悪影響が出る事は有りません。
今夜米国が追加利上げをすれば日米金利差は更に拡大します、リーマンショック以前にも今回と同じぐらい日米金利差が拡大した時期が有りましたが、その時の円相場は120円台でした。
日米金利差から見れば、今の110円程度はかなり円高気味の水準です、加えて米朝首脳会談が実現して、一応北朝鮮の核とミサイルの放棄はスタートしました。
時間は掛かるかもしれませんが北朝鮮を巡る地政学リスクが当面は大きく後退する事も円安要因になって来ます。
ユーロも金融正常化を進める方針に変化は無く、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。