市況分析(6月19日前場情報)

市況分析(6月19日前場情報)

日経平均株価は118円高の20062円で前場を終了。先週末の米国市場は、ナスダック指数は小幅安で3日続落となったものの、NYダウは小幅に反発して2日ぶりに過去最高値を更新する展開になりました。
企業買収報道などを受けて個別物色が中心の展開となり、全体的には高安まちまちと言う中身ですが、米FOMCも通過して手掛かり材料不足の感も有り、当面は次の手掛かり材料を待つと言う局面になりそうです。
本日の日本市場は円相場が111円台を回復している事から買い優勢の展開で始まり小幅高でスタート。
その後次第に上げ幅を広げて一時20086円まで上げ幅を拡大、特段の好材料は有りませんが、日米金融イベントも通過し、円相場も111円台を維持している事から底堅い展開になっています。
しかしテクニカル的に見ると、当面の日経平均の値動きはボックス相場的な展開が想定され、2万円を挟んで上下に振れると言う展開を想定して対応する方が良いと思います。
これは決して弱気と言う事ではなく、簡潔に言えば、米金融政策の正常化が進む中で、米経済の一時的な鈍化懸念も有り、米国株の上値が重くなるかも?と言うムードも有ります。
米国株の上値が重くなれば連動して日本株の上値も重くなるとの警戒も有ります。
テクニカル面と米金融政策の正常化を進めると言う背景から当面の日経平均もボックス相場的な値動きになる可能性が有ります。
しかしその様な状況は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。