市況分析(6月21日前場情報)

市況分析(6月21日前場情報)

日経平均株価は46円安の20183円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に下落、原油先物相場が下落した事で石油関連株が売られ、ナスダック指数もアルファベットやフェイスブックなど時価総額の大きい銘柄が売られて指数を押し下げると言う展開になりました。
米国株の下落に加えて円相場がやや円高に振れている事から今日は日本市場も売りが先行する展開で小幅に下落。
しかし日経平均は昨日大きく上昇しており、それを考えれば今日の小幅安も底堅さが有る展開だと思います。
昨日は年初来高値を更新して一時20318円まで上昇した日経平均でしたが、短期的にはやや過熱感も警戒される状況ですので、今日の反落自体はテクニカル的に見れば妥当な下げです。
適度に調整安場面を挟む方が、必要以上に過熱感を高める事もなく、息の長い上昇にも繋がり易くなります。
日本市場の現状としては大局的には上昇トレンドが継続中ですが、短期的には米国株動向や円相場の値動き以外に特に手掛かり材料もなく、日経平均も強含みでは有りますが、日々の値動きも米国株動向と円相場次第です。
しかしながら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。