市況分析(6月22日前場情報)

市況分析(6月22日前場情報)

日経平均株価は20円安の20118円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは下落して続落、ナスダック指数は上昇して反発と高安まちまちの展開になりました。原油先物相場が2016年8月以来の安値に下落し、石油関連株が売られた事がNYダウの下げの主原因。ナスダック指数はアップルやアルファベット、アマゾンなど主力のIT株が軒並み上昇して指数を押し上げると言う展開でした。簡潔に言えば、トランプ関連銘柄は弱く、非トランプ関連銘柄は強いと言う展開、有る意味では成長期待の高い銘柄は買われていると言う状況で、冷静に考えればごく自然な展開でも有ります。トランプ政権が当初掲げていた、大規模な減税や大規模なインフラ投資、金融規制の緩和などが遅々として進まず、トランプ政権の政策には関係が薄いITや半導体関連などが米国市場では物色の中心。既に少し前からこのような状況は続いていますが、年内はこのような展開が続いて行くという感じがします。昨夜の米国株が高安まちまちとなり、円相場にも大きな変動は有りません、今日の日本市場も手掛かり材料不足で日経平均は小動き、昨日終値を挟んでの上下動と言う展開です。しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。