市況分析(6月23日後場情報)

市況分析(6月23日後場情報)

日経平均株価は22円高の20132円で終了。今日は日経平均は堅調に推移して小幅高で3日ぶりに反発。
しかし直近買われて来た小型株やテーマ株は週末を控えて利食いが強まり総崩れと言う感じの展開になりました。
特にマザーズ指数が大きく下落し、それが他のテーマ株や小型材料株にも悪影響を与えたと言う感じです。
直近買われて上昇していた銘柄が下げ始めると、次から次へと売りが連鎖し、新興市場銘柄中心に幅広い銘柄に売りが連鎖して行くと言う感じでした。
一方主力銘柄は堅調に推移し日経平均は小幅高、主力銘柄が買われたと言うよりは、売られなかったと言う感じの展開です。
ここ数日は新興市場銘柄にはやや上がり過ぎと言う動きも見られましたので、今日はその反動が出たと言う感じがします。
何事もやり過ぎれば反動が出る、その様な事を考えさせられる1日でもありました。
しかし悲観的になる事はなく、特に何か悪材料が有った訳でも有りません、上がり過ぎているので週末を控えて一旦利益確定売り圧力が強まっただけの事です。
株価に上げ下げの波は付き物です、目先の値動きに一喜一憂する必要はなく、少し先を見据えてゆったりと構えていれば良いと思います。
週明け月曜日も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。