市況分析(6月26日前場情報)

市況分析(6月26日前場情報)

日経平均株価は24円高の20157円で前場を終了。先週末の米国市場は、NYダウは小幅に下落して4日続落となったものの、ナスダック指数は上昇して3日続伸。
個別物色の結果高安まちまちになったと言う感じですが、特段の手掛かり材料もなく、本質的には週末のポジション調整が中心の展開と言う感じです。
本日の日本市場も、米国株は小動き、円相場にも大きな値動きは無し、と言う状況で、引き続き個別物色が中心の展開。
日経平均は小幅高で推移していますが一段と上値を買い上がる様なムードはなく、又下値を売り込むような動きも有りません。
日経平均も円相場も共に手掛かり材料不足の状態で当面は新たな材料が出て来るまでは膠着した展開が続きそうです。
しかしながら引き続き個別物色の動きは旺盛です、全体よりも銘柄重視、その様な投資環境が当面続きそうな状況です。
これまでにも何度も繰り返し述べている事ですが、全体が膠着した展開になれば、個別物色が強まると言うのが今の日本市場の特徴です。
そしてその様な状況はテーマ株や小型材料株にとっては追い風、プラスになる相場状況です。
日本市場の現状としては、大局的には・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。